お客様の「楽しい。」のために、
「喜び」と「誇り」を持って働く
コンテンツプロデュース企業です。

会社概要

会社名
株式会社タイム
住所
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿4-22-10 ユニゾebisu422 7F
地図の表示はこちらから▶︎▶︎▶︎
TEL
03-5447-2422
FAX
03-5447-2423
資本金
4,960万円
設立
2005年2月8日
URL
http://www.timeinc.jp/
役員
代表取締役:星野益八郎
取締役:北原照久
取締役:佐保充邦
取締役:斉藤正企
取締役:星野晃徳
監査役:近藤一之
顧 問:徳光次郎
主な事業内容
キャスティング事業
コンテンツプロデュース事業
フードエンターテインメント事業
主要取引先
官公庁 地方自治体 NTTドコモ
広告代理店各社 芸能プロダクション各社
取引銀行
三菱東京UFJ銀行/恵比寿支店
みずほ銀行/横浜支店
横浜銀行/元町支店

沿革

2005年2月
世界的コレクター北原照久氏の膨大なコレクションをミュージアム以外で広く活用する目的で株式会社タイムを設立。本社をブリキのおもちゃ博物館のある横浜市中区山手町に置く
2005年4月
ユニバーサルシティウォーク大阪に北原ミュージアムカフェ「おも茶屋」をオープン
2005年6月
梨元勝氏、テリー伊藤氏、東海林のりこ氏と契約し、携帯サイト「芸能!裏チャンネル」へのコンテンツ提供開始
2005年7月
ミュージアムカフェ「おも茶屋」を洋食レストラン「オリエンタルダイナー」に業態変更
2005年10月
東京西麻布に北原コレクションのギャラリーバー「FIGURE COMPLEX」をオープン
2006年3月
所ジョージ氏のゴルフブランド「T×T」のライセンス業務開始
2006年5月
「オリエンタルカレーダイナー」池袋店をオープン
2006年9月
横浜元町商店街の通販携帯サイト「モトマチ・モバイル」の配信開始
2006年9月
オリエンタルカレー台湾を運営する現地法人匠鮮の51%株式を取得し子会社化
2006年12月
本社を横浜市中区日本大通に移転
2007年2月
携帯サイト「北原レトロ商店街」の配信開始
2007年2月
ギャラリーバー「FIGURE COMPLEX」閉店
2007年10月
本社を東京・恵比寿4丁目に移転
2007年11月
「オリエンタルカレーダイナー」池袋店を閉店
2008年7月
講演会講師派遣サイト Speakers.jpサービス開始
2010年12月
iPhoneアプリ「芸能!裏チャンネル」をリリース
2011年5月
タレントキャスティングサイト castbankサービス開始
2011年6月
名古屋セントレア空港内にオープンしたオリエンタルキッチンの運営業務を受託
2011年8月
本社を東京都渋谷区恵比寿1丁目に移転
2013年6月
講演会講師派遣サイト Speakers.jpをリニューアル
2013年7月
ジャーナリストの鳥越俊太郎氏とマネージメント契約
2015年3月
「オリエンタルダイナー」大阪店を閉店
2017年3月
本社を東京都渋谷区恵比寿4丁目に移転

経営理念

基本姿勢

〜私たちは全ての事業協力者の幸せのために〜

  • 1.事業を通じ社会に貢献します。
  • 2.事業協力者の福祉向上に努めます。
  • 3.常に問題意識を持ち、進歩発展に努めます。
  • 4.常にお互いの信義と信用を重んじ、相互信頼を築きます。
  • 5.礼節と禅譲の精神を発揚し、人の和を築きます。
基本精神

事業を行うことの目的は、永遠不滅の発展を図ることです。
事業はそれに参加する全ての人々の創意工夫および努力の成果が
事業経営の中に活かされ引き継がれてこそ
成長発展をなすことができます。

人の「生き甲斐」とは—つの目的を持ち、それに向かって成し遂げる努力をすることです。また、その努力によって成し遂げられた成果が永遠に活かされ引き継がれてこそ、個人としての「自己実現」となりうるのです。
私たち「タイム」の永遠不滅の発展を図る努力の中に「各自の生き甲斐」を見出し、同時に各自の「成し遂げた成果」を「タイム」の歴史の中に記すことができるように、永遠不滅の「タイム」を創り上げることによって「自己実現」を果たしていきます。

社長挨拶

代表取締役 / 星野益八郎

自己実現を通じて社会に貢献する

平素より格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

株式会社タイムは、講演会に相応しい講師をご案内する事業を通じ、お客さまの満足と「楽しい」を実現する総合エンターテイメント企業です。

様々な識者による講演会を通じて、子どもから大人まで多くの皆さまに学びの機会を提供するとともに、地域社会の活性化に貢献し、ひいては日本全体を元気にする一助になればという気持ちで事業に臨んでおります。

そして、お客さまに喜んでいただき、ご満足をお届けするためには、何よりも社員が喜びと誇りを持って働き、仕事を通じて各人が自己実現することが必要不可欠と捉えています。

現在では、インターネットを通じて日本全国のお客さまより、様々なお問い合わせをいただいておりますが、コミュニケーションが簡便になった反面、情報があふれる社会となり、大事な物事が置き去りにされるようにもなりました。

株式会社タイムでは、このような時代だからこそ、雑多な情報に惑わされることなく、一人ひとりが自分の頭で考え行動することを心がけ、自己実現を果たすことで皆さまの信頼に応え、企業価値の向上に邁進しています。
マーケティングの大家であるアメリカの経営学者フィリップ・コトラー氏は、来るべき社会のキーワードに自己実現を挙げています。弊社においても、事業と社員の自己実現を通じて、社会に貢献してまいります。
もちろん、講演会の主催者さまをはじめ、仲介いただく広告代理店さま、聴講される来場者の皆さま、ご出演いただく講師および事務所の皆さまというお付き合いいただいているすべての方々の自己実現に寄与することも目指しています。
そのために、個人と会社を成長させるべく、より一層に不断の努力を続けております。タイムという社名は、そういう時を刻むことで、永遠不滅の発展を図るという意味が込められています。
そして、その目的は、皆さまの幸せの実現にあることは言うまでもありません。そんな株式会社タイムの事業に、今後ともご理解、ご期待、ご支援ください。よろしくお願い申し上げます。